About Us

窓月まつしまやは、築約140年の元は酒蔵であった古民家を改装した、1日二組(コロナ禍では1日一組)限定の

 

お酒を愛する大人のための静かな宿

 

蔵を改修した客室では、何かに包み込まれているような、やわらいだ気分でおくつろぎいただけます。

 

 

窓月まつしまやには、テレビがありません。

でも、神々しく峰を照らす明るい月や満天の星空を観ることができます。

 

窓月まつしまやには、ミュージックプレイヤーがありません。

でも、稲穂を揺らす風の音や、競い合って鳴く鳥や虫の声を聴くことができます。

 

窓月まつしまやには、フリーWiFiがありません。

でも、作り手の想いがこもった地元のお酒や野菜、お客様同士の会話を楽しむことができます。

 

 

何もしない贅沢.png

 

《おことわり》 

窓月まつしまやは、”お酒を愛する大人のための静かな宿”。このため、乳幼児を含む20歳未満のお客様のご宿泊はご遠慮いただいております。予めご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

また、各お部屋を含め、敷地内は全域禁煙です。

 

《宿主の紹介》

 

若い頃からの旅好きで、北海道を車で寝泊まりしながら一周したり、牧場体験をさせてもらったり、三線片手に沖縄の様々な離島を巡ったり、のんびり温泉に浸かったり。日本全国、訪問したことのない県は、残りあとひとつとなりました。

東京の大手電機メーカーで、主に人事や総務、役員秘書として四半世紀以上勤務しながら、専門学校で勉強した後、結婚式の司会者やナレーターとしても活動。とにかく夢中で楽しすぎる四半世紀でしたが、時々心や体が疲れている自分もいました。

そんな時、私を癒してくれたのは、食べること、飲むこと、旅、そして旅先での出会い!私が感じた”息の抜ける瞬間”を多くの方に味わっていただきたくて、この窓月まつしまやを立ち上げました。

お客様にふっと肩の力を抜いていただける場所でありたいと、奮闘の毎日。お客様に出逢えること、時々お客様とお酒を酌み交わさせていただくことが、今の私の楽しみです。